「お風呂に窓は要らない」理由

こんにちは(^^)/

 

今日は住宅設計の話を少し

戸建のプランでよくあるのが「お風呂に窓」
当たり前のように・・・ある家が多いですよね

これって
必要ありますか?

実はデメリットの方が多いんですよ~

断熱性を損なう—寒い
防犯性を損なう—侵入・覗き被害の危険性
換気を損なう—窓を開けながら換気扇を回すのは意味がないのですよ!ここ大事

ざっとあげてこんな感じ
型ガラス(視線を遮るタイプ)にしても照明越しに中の様子がなんとなく分かりますよね
そのままでは不安で目隠しシートやカテーンなどを追加している方が多いかと思います
しかも熱損失の大きい窓をわざわざ寒い浴室に付ける必要って・・・ありますか?
採光目的?眺望目的?一般的な戸建に必要ですか~?(絶対に外を眺めながら入浴したい!っていう方以外)

そして、換気の為!と思っていた方残念
一般的にお風呂って換気扇ついてますよね~
付いてるなら窓は不要ですよ
よく、換気扇回しながら窓も開けてるって方いらっしゃいますが
あれは窓から入った外気がそのまま換気扇に誘導されて外にガンガン出てしまうだけで
浴室内の湿った空気を掃出す換気扇の能力を妨げているんですよ
換気扇を回す時は窓は閉めて室内側の扉もきっちり閉めるのが基本の使い方なのです

 

そう考えるとやっぱり窓は要らないな~(笑)って私は思う
掃除も大変だしね

これから家を建てる方に少しでも参考になれば幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Fudousan Plugin Ver.5.3.1