【新型コロナ対策】エタノールが手に入らない今【簡単に自分で作れる】

こんにちは(^^)/

どこぞのTV番組での誤報からか
巷じゃペーパー類が品薄に・・・
小中学校も休校とか・・・
マスクや消毒用エタノールは完全に欠品(某フリマサイト等では高値で販売してますが)
でも、朗報ですよ!家にあるもので代用できそうですよ~

まずはウイルス学的な特徴から(日本ウイルス学会HPより抜粋

コロナウイルスはプラス鎖一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスです。ウイルス粒子は直径 約100-200 nmで、S (スパイク)、M (マトリックス)、E (エンベロープ)の3つの蛋白質で構成されています。S蛋白質は細胞側の受容体(ウイルス蛋白質を鍵とするとその鍵穴)と結合して、細胞内への侵入に必要な蛋白質です。コロナウイルスのゲノムRNAは約3万塩基とRNAウイルスの中で最長なのが特徴です。
ヒトに感染するコロナウイルスとしては、風邪の原因ウイルスとしてヒトコロナウイルス229E、OC43、NL63、HKU-1の4種類、そして、重篤な肺炎を引き起こす2002年に発生した重要急性呼吸器症候群 (SARS)コロナウイルスと2012年に発生した中東呼吸器症候群 (MERS)コロナウイルスの2種類が知られています。
今回発生している新型コロナウイルスは、SARSコロナウイルスと同じベータコロナウイルス属に分類され、新型コロナウイルスの遺伝子はSARSコロナウイルスの遺伝子と相同性が高く(約80%程度)、さらに、SARSコロナウイルスと同じ受容体 (ACE2)を使ってヒトの細胞に吸着・侵入することが最近の研究で報告されています。
すなわちSARSコロナウイルで得られた科学的知見を新型コロナウイルスに応用することで、基礎・応用研究を迅速に行うことができ、新型コロナウイルスのウイルス学的特徴を素早く明らかにすることができます。

だそうです

そして。。。

台所用合成洗剤がSARSコロナウイルスの処理に効果が高いことが実験的に確認され、家庭などでの消毒としての選択肢が増えた。SARSが臨床的に疑われる患者が発生した場合などにはここに示す例を参考に消毒を行うことが推奨される。

感染症情報センターHPから

1:家庭などで使用する際の一般的な消毒薬としては下記のいずれかが推奨される。
(1) エタノール(70~80%)
(2) 界面活性剤をぬるま湯に溶かしたもの台所用合成洗剤として濃度0.5%以上
おおむね1リットルのぬるま湯に対して5~10cc程度以上の台所用合成洗剤*を加えたもの。
*効果が確認されているのは食器・野菜洗浄用の家庭用合成洗剤であり、成分として直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムもしくはアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムを16%以上含むもの。

またこんな情報も国立感染症研究所によれば
感染研のSARS研究チームは、「直鎖アルキルベンゼン系」と「高級アルコール系」の界面活性剤をそれぞれ主成分とする中性洗剤2種類を水で様々な濃度に薄めた中に、SARSウイルスを2分間入れ、ウイルスを殺す効果を確認した。
ともあるので上記に加え高級アルコール系の合成界面活性剤も有効かと・・・

ちなみに高級アルコール系は以下のものがあります

・アルキル硫酸エステル塩(AS)

・アルキルエーテル硫酸エステル塩(AES)

・アルキルリン酸エステル塩(MAP)

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)

・アルキルグリコシド(AG)

等です

ちなみに我が家は合成洗剤フリー(使用しないので家にない汗)なので
今あるエタノール(サーフェスクリーナーとして便利に活用してました。が・・・)が無くなった時の為に
初めてキッチン用合成洗剤買いました
高級アルコール系が入ってるものが多かったですね
含有率は16%以上であれば多くても問題ないです(ちなみに買ったものは34%でした)

合成洗剤を使用するのは抵抗がありますが
コロナ>合成洗剤 ですので
今回はお世話になって見ようかと思います

こんな感じで身の回りで簡単にできることはあります
感染対策!!

では~

※信じるか信じないかはあなた次第、効果の保証は致しかねますのでご了承下さいね。

Fudousan Plugin Ver.5.3.1